ありゃ!2万HITS (^人^)感謝♪

まかだまです (*- -)(*_ _)ペコリ

今朝の計量
82.8キロ (前日比 1600g↓)
最大瞬間風速的ながらも82キロ台突入~ ヽ(^◇^*)/ ワーイ

いやそれよりも、祝2万ヒット!!わぁいヽ(ω・ヽ)(ノ・ω)ノ わぁい♪
もうちょっとでブログ開設一年ですが、こんなペースで見てもらえるとは・・・感無量っす!
今後とも暇つぶしの友に当ブログをよろしく御願いいたします ペコリ(o_ _)o))
んで
昨日の飽食ライドにてHP辺りの異音は無事解消されたのは確認したのですが、
また音はしているわけですよ・・・。

今度はなんじゃい!!と思い色々見たり見てもらったりしたわけで・・・。

その結果、

シートポスト辺りだと判明!
今回も指摘はしんすけさんでした ペコリ(o_ _)o))

今日見てみますと、クランプで締め付けないとぐらつきがあるくらい
シートポストとシートチューブに間にクリアランスがあります・・・。

実はリンスキーR420はシートポスト挿入部にアルミ材が入っていて、
元々シムがシートチューブ内に貼り付けてあるような構造になってます。

自分なりに色々異音の発生原因を考えてみました。

①シートクランプ自体のきしみ音
実は今日組みなおしてクランプのボルトにグリス塗って締め直したのですが、
この時締め込んでいくときに音がしなかったんですよねぇ。
前やった時はグリスアップしなかったんできしみ音が結構あったんすよ。
クランプ部にちからがかかる→クランプのボルトからきしみ音がする。

この理由ならこれで問題解決な気がw

②シートポストの挿入部が長すぎる
今使ってるトムソンのポストは長さ367ミリ。挿入してある部分を測ってみたら約160ミリ。
最低挿入長が100ミリですので60ミリカット出来ることになります。
ちなみに挿入されているアルミ材は約60ミリ。
現状ではその先に更に100ミリポストがある状態。
シートポストが微妙に揺れる→挿入した部分の先端がシートチューブと接触→異音発生

これはシートポストにアルミ材を更に巻いて隙間をなくせばいいような・・・。

他にも実はシートポストの径が表記のものと違う(極稀にあるようです)とか、
アルミ材とシートチューブがちゃんと付いていない、とか

色々考えられるんですが、実際のところどうなんだか・・・。

なるべく出費を抑えて直したいので、今考えてるのは
②について隙間を無くすのと余計な分のシートポストをカットするって対策を。

どなたかいいアドバイス&解決方法ありませんでしょうか??

あ、もしかしたら

エンジンが軽くなったら鳴らなくなるって
類の問題かもしれませんけども・・・w

ちょっと真剣に悩んでます (〃´o`)=3 フゥ

|Д´)ノ 》 ジャ、マタ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://makadama.blog116.fc2.com/tb.php/393-5ca597ef